So-net無料ブログ作成

弾き語りをゼロから始めたいあなたへ [弾き語りと伴奏法]

弾き語りや伴奏法を覚えたい人たちが頭に思い描くのは、どんな歌でもバッキングできるようになることじゃないだろうか?私がまだミュージックスクールの生徒だったころ、受け付けがある入り口にもピアノがおいてあった。自分のレッスンの前後にそのピアノで練習することも多かったのだが、歌謡曲大全集のような歌本をパラパラ開いて弾き語りしていると、ほかの生徒が周りに集まってきて、「あの歌弾いて!次はこれ弾いて!」と歌声喫茶状態になって楽しかったことを思い出す。いつの間にかほかの楽器の先生たちまでも私のピアノの周りで歌っていたりして、音楽って楽しいものだなってその時しみじみ感じたものだ。
そんな風に好きな歌を次から次へ弾き語りできる楽しさを知ってもらいたくてレッスンをしているわけなんだけれど、練習方法や練習曲の選び方も工夫しないとなかなか短期間ですべての楽曲を伴奏できるようになるのは難しいのだ。
一般のピアノ教室やスクールでは、一曲一曲にこだわりすぎたり、弾きながら歌うという形にとらわれすぎて、なんでも伴奏できるようなレッスンをしてくれる教室は少ない。つい先日私の所でレッスンをスタートした生徒さんも、「実はいくつかピアノ教室の体験レッスンを受けてきたんですが、みんなクラシックの先生だったみたいで、思っていたのとちがっていたんですよね…」とこぼしていた。
ピアノそのものの訓練ではなくて、コードを自由にあやつれるようにする練習をしなければなんでも伴奏できるようになんてならないのだ。だから、どちらかというと指よりも頭を使わなくちゃならない。弾き語りに特化したレッスンだと音楽性が磨かれるからいろいろなことがいつの間にかできるようになる。その気になれば、楽譜の読み書きだって弾き語りのレッスンを通して自然にできるようになる。そしてちょっと個性的にもなれるはずだ。

弾き語りも目的にあった先生を見つけないと [弾き語りと伴奏法]

一般的なピアノ教室で弾き語りや伴奏を習えば、当然どんな歌でもバッキング(伴奏)できるようになるのだろうと思う人も多いかもしれない。私も楽器未経験の若かりしころはそう思っていた。
だが実際には、なんでも伴奏できるような系統だったレッスンをしてくれる音楽の先生はほんの一握りにすぎない。私は生まれて初めてついた弾き語りの先生がたまたま岩崎宏美のツアーバンドの現役キーボーディストだった。言うなればスタジオミュージシャンだから応用の利くレッスンをしてくれたので、これならどんな歌でもすぐに弾き語りできそうだという実感があった。だがツアーミュージシャンだからツアー巡業でひんぱんにいなくなってしまうのだ。ついにはその先生のレッスンは受けられなくなってしまった。自分の目的にあった先生を探すのは大変なんだ。
実を言うと私自身も一般のピアノ教室に習いに行ってしまったこともないわけじゃない。中にはこんなこともあった。クラシックやポピュラーを初見でバリバリ弾けるピアノの先生が生徒だった私に「歌手をやってたんだよね、弾いてあげるから何か歌ってみてよ。」と言うので、ワルツ(三拍子)の歌謡曲の楽譜を渡して伴奏を頼んだ…。
ところがあれだけみごとなピアノ演奏をしていたその先生がズンチャッチャ、ズンチャッチャだけで素人のような伴奏を始めたので、その時の私はショックというか失望してしまった。内声も動かず、オブリガートもベースランもなにもなし…たしかにコードは間違ってはいないものの…テンションも入っていないほぼトライアドだけ。百歩ゆずっても曲想が歌謡曲じゃなくて童謡としか思えない。プロの演奏者でもコードや伴奏法を学習していないピアニストはそういう弾き方しちゃう人が多い。コードをいくつか押さえられるだけでは、コードを覚えているとは言えないんだ。以前にレッスンブログのほうでも書いたことがあるのだけど、昔は弾き語り専門のスクールというのもいくつかあったが時代の流れか私の知る限り今は一つも残っていない。どうしても弾き語りやコード奏法を基本から覚えたい人は、私の教室のような個人レッスンを見つけるしかないのだ。
一生続けられる趣味を探しているあなた、弾き語りはじめてみませんか?お問い合わせはお気軽にどうぞ。


カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケがうまく歌えなくて悩んでいるかた、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたいかたなど、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、
メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。


弾き語りとは [弾き語りと伴奏法]

弾き語りとは、自分で楽器を演奏しながらそれにあわせて歌を歌う音楽表現のひとつの形式のことだ。当然のことながら口を使って演奏するフルートやサックスなどの管楽器では弾き語りはできない。
一般的には、ピアノやエレクトーンなどの鍵盤楽器かギターなど弦楽器が弾き語りに使われる。ここではその中でも、
ピアノ弾き語りと伴奏法について話していく。
演奏するだけでも難しいのに歌も一緒に歌うなど無理だと未経験者は思うかもしれないが、
フォークギターやエレクトーンではおなじみの「コード(和音)」を覚えれば、大人になってから始めてもわりと短期間で弾き語りはマスターすることができる。
独学で覚えるのも不可能ではないが、市販の入門書や楽譜集を見て練習を始めた人のほとんどは途中で挫折(ざせつ)してしまうことになる。なぜなら市販の入門書には、「こんなに簡単にできますよ」ということを強調するために、弾き語りにとってもっとも大切なことがいっさい書かれていないからだ。弾き語りをするために本当に重要なことは意図的に省(はぶ)かれていると言っていいだろう。
一般のピアノの教室に何年通っても自由に弾き語りできるようにならないのも同じようなことが言える。ポピュラーピアノと呼んでいてもクラシックピアノが元になっているわけで、
それはピアノを演奏するためのレッスンであって、伴奏法のレッスンではない。この差が初心者にはわかりづらいと思うが、両者はまったく異なるものだ。何年もの時間をムダにしないためには、目的に合ったレッスンを選ぶことだ。



カラオケ&弾き語りレッスンへはクリック! カラオケがうまく歌えなくて悩んでいるかた、楽器未経験でもピアノ弾き語りに挑戦してみたいかたなど、教室でのカラオケ上達レッスンに興味のある方は、
メインサイト、☆脱!カラオケコンプレックスのレッスン案内のページもあわせてご覧下さい。